より宣伝効果を得る

のぼり旗は、店の宣伝小道具として街中で
日常的に見かけます。
のぼり旗が立ち並べば、道行く人たちの目に入り
十分な宣伝効果が得られます。

元来、のぼりは戦場での自己PRとして源平の
武将から戦国武将に利用されてきました。
江戸時代以降は祭・歌舞伎や芝居・相撲などに
利用されてきました。

優しい色使い

複数本の旗を立てれば、まるで人が数多く
集まっているような印象を与え、
華やいだ雰囲気を醸し出します。

より宣伝効果を得るためには、立てる予定の
場所の背景を予め写真に撮影しておくと良いでしょう。

同系色の背景やカラフルな背景の中では映えにくく
印象を与えるためです。
道路を行きかう車からも目に付くような色を選び、
両面から鮮明に見えるようにします。

裏の模様が透けて見える素材は避けると良いでしょう。
のぼり旗は店の活気をPRする小道具です。

伸びる

華やいだ印象を醸し出す出すためにも1本の旗より
数本の旗の方が良いでしょう。
また平日と週末や四季ごとに旗を変え、
店の活況をPRします。

活況な店は、常に動いています。
旗を変えることで活況をPRすることができます。